水銀灯からのLED照明交換工事の事例

case41

静岡県東部
導入の背景:長くお付き合いさせていただいており、ニュースレターや営業提案にてご引き合いを頂いた
導入後の効果1:水銀灯700W相当のLEDを設置したことで消費電力の低減につながる
導入後の効果2:お話を頂いてから設置するまで短期間で完了

お問い合わせのきっかけ

先代の社長様より長くお付き合いさせていただいており、弊社の営業担当が変わっても同じように可愛がってもらえる程、現在も良きお付き合いをさせていただいております対峙なお客様です。弊社配信のニュースレターや後追いでの営業提案にてLED照明への切り替え工事のご注文を頂きました。

お困りごとの内容

水銀灯の生産中止・輸入禁止、またここ最近の電気料金高騰の対策としてLEDに切り替えるお話を頂きました。当初はお客様がお付き合いのある電機業者へ依頼する方向で話は進んでいたようですが、その業者が一向に現地調査にも来ず見積もりが出ないと社長様は困っておりました。そこで以前より弊社が展開していましたDMや営業提案でのLED照明切替工事を社長様が覚えていらっしゃったことから話は進展しました。弊社はご引き合いを頂いてから数日で、工場寸法に合った灯数・スペックなど現地調査し、相当のLED照明にてお見積りを提出、受注を頂く事ができました。

効果

電気料金削減に関しては1年間を通してどのくらいの省エネになるかはまだ数字としてはわかりません。しかし1kWの水銀灯からスペックを落とした水銀灯700kW相当のLED照明を設置したことで消費電力の低減につながると考えます。スペックを落としても設置した照明の照度は今まで以上の明るさとなり工場内で作業される従業員様も大変喜んでおられました。またお話を頂いてから設置するまで短期間で完了したことにも驚かれておりました。お客様は工場内での作業同様、現場での作業も多く工場を留守にすることも多々ある為、ご要望の日程で工事が完了できたことも良かったと思います。

今後の展開

人手不足には大変苦労しているとお聞きしていましたので、内作に関しての製造ラインを構築し自動で加工できる機会をご提案していければと考えています。それと同時に溶接機や切断機も省エネを見越した機器が数多く販売していますので紹介していきたいと思います。