1分でわかる!カーボンオフセットLPガスとは?専門家が解説します。

カーボンオフセットLPガスとは?FV

企業の脱炭素経営の切り札として期待されるカーボンオフセットLPガスですが、その特徴やメリットなどはご存じですか?

手っ取り早く教えてほしいという方のために、要点をまとめましたのでご紹介します。

なお、読み進めるうちにもっと詳しく知りたいと思った場合は、記事の後半に深掘りした内容も記載しておりますのでそちらをご覧ください。

この記事の信頼性

この記事は、静岡県東部のガス販売業社「富士酸素工業」が執筆しています。

カーボンオフセットLPガスとは?5行で要点解説

最近の話題のカーボンオフセットLPガスって簡単にいうとどんなもの?特徴やメリットをわかりすく言うと、以下のようなものとなります。

カーボンオフセットLPガスの要点
  • カーボンオフセットLPガスとは、燃焼時の温室効果ガスの排出量を実質ゼロにできるLPガス商品
  • 森林保全などで削減した温室効果ガスの分量を、LPガスに付与することでオフセット(相殺)する仕組み
  • 導入すれば、脱炭素化の取り組みの一環として発信できる一方、コストは割高
  • 再生可能エネルギーへの完全移行するまでの有効な繋ぎ役となると期待されている
  • 似た仕組みに、ガスの生成から燃焼までの温室効果ガス排出量をゼロにできるカーボンニュートラ
  • LPガスがある(※オフセットは燃焼時の排出量のみゼロ化)

もっと詳しく知りたい方へ!【カーボンオフセットLPガス深掘り解説】

要点解説を読んでカーボンオフセットについてなんとなく理解できたけど、まだちょっと理解しきれないところがあると言う方へ。

ここからは、カーボンオフセットLPガスの仕組みやメリットはもちろん、デメリットなども深ぼって解説していきます。

そもそも、カーボンオフセットLPガスとは?

カーボンオフセットLPガスとは、文字通り排出されるカーボン(炭素≒温室効果ガス)をオフセット(相殺)する仕組みを採用したLPガス(天然ガス/プロパンガス)商品です。

森林が持つ温室効果ガスの吸収量をクレジット(権利)としてLPガスに付与することで、燃焼時に排出される温室効果ガスを実質ゼロとして扱うことができます。

【図解】カーボンオフセットLPガスの仕組み

カーボンオフセットLPガスの仕組み図解
カーボンオフセットLPガスの仕組み

上記のように、燃焼時の炭素(≒温室効果ガス)の排出量をゼロにできるカーボンオフセットLPガスは、脱炭素経営への要求が厳しくなる今後、ますます活躍が期待されています。

カーボンニュートラルLPガスとの違い

カーボンオフセットLPガスと似た仕組みのLPガス商品に、カーボンニュートラルLPガスというものがあります。

カーボンオフセットLPガスとカーボンニュートラルLPガスの違いは、相殺の対象としている温室効果ガスの範囲です。

カーボンオフセットLPガスが燃焼時のみの炭素排出量を相殺範囲としているのに対し、カーボンニュートラルLPガスは、採掘から生成、さらには燃焼までの一連のプロセスで排出される炭素を対象としています。

※ただし、カーボンオフセットLPガスもカーボンニュートラルLPガスも、最近になって誕生した概念なので、まだまだ発信する人によって定義が違うことがあります。導入を検討する際には、どのような特性があるのかきちんと業者に確認することをおすすめします。

カーボンオフセットLPガスのメリット

再エネ設備導入に比べ安価

脱炭素経営において、再生可能エネルギーの活用は必要不可欠ですが、自社で賄うとなると莫大なイニシャルコストを捻出する必要があります。

カーボンオフセットLPガスは、そんな再エネ設備導入よりも、安価に導入することが可能です。

すぐ導入できる

カーボンオフセットLPガスは、再生可能エネルギー設備の導入に比べると、簡単に導入が可能です。

今契約しているLPガス会社が、カーボンオフセットLPガスを取り扱っているのであれば、そちらに電話するだけでOK。

もしも、今契約しているガス会社がカーボンオフセットLPガスを取り扱っていなければ、取り扱いのある企業に乗り換えることで、特別な設備を用意せずとも利用を開始できます。

企業価値を向上させるPR材料になる

燃焼時の炭素(≒温室効果ガス)の排出量を実質ゼロにできるというカーボンオフセットLPガスは、PR材料として活用することで、企業価値の向上に役立てられるというメリットがあります。

どんなPR効果が?
  • 投資家や金融機関から、資金調達をしやすくなる
  • 環境意識の高い人材(特に若年層)の獲得に役立てられる
  • 環境意識の高い企業から、新規案件受注につながる

カーボンオフセットLPガスのデメリット

温室効果ガスの排出量を抑えられ、PR効果も高いカーボンオフセットLPガスですが、優れた点ばかりではありません。具体的には以下のようなデメリットがあります。

コストが割高

普通のLPガスに比べて、温室効果ガスを削減した分のクレジットの価値が上乗せされているため、コストは相対的に高くなります。

いつか枯渇する

天然ガスのような化石燃料は、枯渇が危惧されており、未来永劫使い続けるということは難しいでしょう。

また、絶対量が減っていく中、今後値段の高騰が加速することが見込まれます。

長い目で見ると、再生可能エネルギーの方が割安となるので、カーボンオフセットLPガスはあくまで再生可能エネルギーへの完全移行まで繋ぎ役として役立てることがおすすめです。

最後に:カーボンオフセットLPガスを脱炭素経営に役立てよう

上記のように、カーボンオフセットLPガスは、再生可能エネルギーへの完全移行までの期間をつなぐ切り札となるエネルギーです。

再エネ設備を用意することに比べ、導入が簡単で、コストも比較的安価なのでぜひ貴社の脱炭素経営のファーストステップへとお役立てください。