配管工事事例

case-12

静岡県東部 熱処理業
導入の背景:業務拡大に伴う工場の増設
導入後の効果1:使用量の多いアセチレンの発注し忘れを防止する仕組みができた
導入後の効果2:全ての配管にサポートを付け安全な仕様にできた

お困りごとの背景

長いお付き合いの中で、配管工事を数多く手掛けていた事がご依頼の背景となります。今回は業務拡大に伴い工場を増設するという事で既存の配管・集合装置の移設工事依頼を受けました。
工場増設の中、既存設備がかぶってしまい場所の移動をしなければいけない。また窒素(CEタンク)・アセチレン・アンモニア配管も新たに伸ばし繋げる作業となります。スペースを考えての作業内容でした。

導入効果

アセチレン・アンモニアの集合装置は新たに設けた小屋へ設置しガスの切替がしやすいスペースを確保しました。夜間も作業するので使用量の多いアセチレンについては残が少なくなった場合の警報アラームを設置し、弊社に注文忘れが生じない処置を施したので大変喜ばれています。                                        また窒素・アセチレン・アンモニア配管を出来るだけフェンス際に沿って伸ばし全ての配管にサポートを付け安全に仕上げました。フェンス側に配管を寄せた事で材料置き場としてのスペースも確保出来ました。

今後の展開

生産量も増えている会社様なので、省エネ効果のある炉を提案し補助金案内等で購入しやすい情報を提供していきたいと思います。また、特殊な部品を熱処理していますのでBCP対策等のご提案も展開して行きたいと考えています。

多品種少量生産・一品一様でも自動化・ロボット化はお任せください!

お電話でのお問い合わせはこちら
0545-52-5060
平日 8:00~17:00