床塗装の事例

case-13

静岡県東部 自動車部品製造業
導入の背景:床塗装の経年劣化
導入後の効果1:床塗装の耐久力がアップした
導入後の効果2:油を気にする必要のない床塗装になった

お困りごとの背景

工場の床は今まで、市販のエポキシ系塗料を使用して自分達で施工していました。
しかし、加工製品や材料を台車で運搬する際に荷重で床が擦り減ってしまったり、経年劣化や機械油等で剥がれてしまった塗料片が製品等に付着するトラブルが発生していました。
そこで、超密着型補強コーティングを活用し、細かい粒子ナノ密着塗料で耐久力をアップ。
また、油の多い場所でも使用できるをコンセプトにこちらの塗料をご提案しました。
初めて使用する塗料なので、まずは20㎡塗る運びとなりました。
今後、効果が出ればお客様にて塗装するとのことなので、同時に施工講習も実施しました。

導入効果

施工も予定通り7時間ほど(施工者2名)で終わり、施工状態もキレイに仕上がったことでお客様には大変ご満足して頂きました。
また、作業工程毎に先方様へやり方や注意事項等を細かく説明いたしましたので、ご希望通り次回はお客様にて施工できるかと思います。

今後の展開

今後は生産ラインや製品・材料管理の見える化、ロボット等の自動化を視野に入れて生産効率アップにつながるような商材をご提案していきます。
また、工場改修工事のお困りごとも抽出し、働きやすい環境のご提案も行っていこうと思います。

多品種少量生産・一品一様でも自動化・ロボット化はお任せください!

お電話でのお問い合わせはこちら
0545-52-5060
平日 8:00~17:00