溶接ヒューム、フィットテスト延期後の期限は?【厚生省文書の抜粋有り】

法改正により義務付けられているマスクのフィットテストの期限が延長されましたが、いつになったのでしょうか?厚生労働省の文書から期限を調べてみましたのでご紹介します。

溶接ヒューム法改正のフィットテスト措置期限が延期に!

令和3年3月1日付に厚生労働省から発行された文書により、金属アーク溶接などの作業を行なう事業者のフィットテストの実施期限が延期されました。

フィットテストはいつまでに延期されたか?

延長後の期限

令和4年3月31日までの猶予期間を令和5年3月31日まで1年間延長することとしました。

出典:厚生労働省:「特定化学物質障害予防規則及び作業環境測定法施行規則の一部を改正する省令及び厚生労働省の所管する法令の規定に基づく民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する省令の一部を改正する省令案に関する意見募集について」に対して寄せられた御意見等についてより

なぜ、フィットテストが延期されたか?

フィットテストが延期された理由に関しては、厚生労働省の文書に以下のような記載がされておりました。

フィットテストが延期に至った理由

現在のJIST8150においてもフィットテストの実施方法について規定されていますが、改訂予定の内容と比較すると異なる手法となっており、新旧の異なるテストの方法が混在すると混乱が生じることが懸念されます。 このため、改訂後の同規格に基づき適切にフィットテストを実施していただくため、必要な周知等の準備期間を考慮し、令和4年3月31日までの猶予期間を令和5年3月31日まで1年間延長することとしました。

出典:厚生労働省:「特定化学物質障害予防規則及び作業環境測定法施行規則の一部を改正する省令及び厚生労働省の所管する法令の規定に基づく民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する省令の一部を改正する省令案に関する意見募集について」に対して寄せられた御意見等についてより

まとめ

  • 令和3年3月1日付の文章でフィットテストの延期が決定
  • 期限は、令和4年3月31日から令和5年3月31日に変更
  • 延期された理由は、新旧の異なるテストの方法が混在すると混乱が生じることが懸念されから

最後に

富士酸素工業では、マスクのフィットテスト実施に関して幅広いサポートを行なっております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

問い合わせフォームはこちら