給湯器がピンチ!凍結防止対策で冬を乗り切ろう!

2021年12月現在、本格的な冬が訪れていますが、その冬に欠かせない給湯器が品薄状態となっているニュースをご存知でしょうか。

万一、給湯器が故障して突然お湯が出なくなると自宅で温かいお風呂に入ることができなくなるかもしれません。

冬の給湯器の一番の故障原因は「凍結」です。
そこで今回はこの冬を乗り切るために、給湯器を故障させない凍結防止対策をご紹介していきます。

給湯器は入荷待ち

現在、下記のニュースで報じられているように日本全国で給湯器が品薄状態になっています。

【真冬を前に…給湯器が買えない 品薄が深刻に、6カ月以上待ちも(Yahoo!ニュースより)

そのほかSNS上にも、

「マジで給湯器がない」
「どこも在庫がない」
「お風呂入れません」
「冬本番なのにお湯使えない」
「メーカーに注文しても5か月待ち」
「冷水シャワー浴びた」

など、給湯器の確保をめぐる悲鳴が相次いでいます。

このように給湯器が壊れてしまっても、入荷待ち状態が続いてしまい、すぐには交換できないのが現状です。
では一体なぜ、このような品薄状態に陥ってしまったのでしょうか?

品薄の原因は、世界的な半導体不足

今夏、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、給湯器大手メーカーの部品工場がある東南アジアで、ロックダウン(都市封鎖)が実施され、日本への供給が寸断されました。
そのため樹脂、電気配線部品や半導体の不足もあり、主要メーカー各社は新規受注を止めている状態となっています。

2021年12月時点では、新規注文分は2022年2月以降の納品になるというメーカも多く、明確な出荷時期は明らかになっていません。

【リンナイニュースリリース 納期遅延に関するお詫びとご案内】

給湯器メーカが給湯器の生産に苦慮する中、給湯器を故障させないことが重要になります。
もしもの時に備えて私たちに何かできることはあるのでしょうか?

自分で修理はちょっと待って!

給湯器は品薄で、取り替えしたり業者に頼んで修理するには時間がかかってしまう。。

SNS上では、「じゃあ、壊れたなら自分で直そう」という声もちらほら。

でも、ちょっと待ってください。給湯器を自分で修理するのは危険です!

石油やガスの給湯器は製品の“寿命”にあたる「設計標準使用期間」がおよそ10年とされています。
特に石油を使うタイプの給湯器は経年劣化による重大な事故が懸念されることから、法律でも10年ごとの点検が定められています。
このタイプの給湯器の場合、異常な煙や炎が出たり、周りに延焼したりなどした事故が、2020年までの5年間に17件に上っています。

そのため、給湯器が故障してしまった場合は自分で直そうとはせず、購入した販売事業者やガス会社に一度相談するようにして下さい。

故障しないための凍結防止対策

給湯器のどこが凍結するの?

給湯器の凍結は、1~2月の気温が0℃を下回る といとい極端に寒い日や、北側に設置している場合に起きやすくなっています。

現在販売されている多くの給湯器は、内部に配管を温めるためのヒーターが装備され「凍結対策」がなされています。
そのため凍結は給湯器本体では少なく、水道配管や給湯配管で発生しやすくなっています。

給湯器が凍結するとどうなるの?

給湯器が凍結してしまうと給水管からお湯が出なくなります。

また凍結した箇所が給水・給湯管の場合、内部で水が凍結し膨張することで配管にヒビや亀裂が入り、破裂して漏水につながる恐れがあり修理費用も高くなります。

凍結トラブルを招かないため、事前にしっかりと防止策を講じておくことが重要です。

給湯器の凍結防止策

給湯器の凍結が予想される寒い冬の有効な防止策をご紹介します。

1.給湯栓から少量のお湯を流す

最も簡単な凍結防止対策として、常にお湯または水を流し続けることです。これにより、給水・給湯管、バルブ類の凍結防止が可能です。

特に低温が予想される時には給湯栓から約4mmほど、5円玉の穴を通るぐらいの太さの温水(1分間に約400cc)を流したままにすることで、水道管の凍結を防止します。

2.給湯器の水抜きする

給湯器内の水を抜き、完全に取り除くことで凍結を防ぐ方法です。外気温が極端に低くなる場合は、この方法がお勧めです。
ただし給湯器使用直後はお湯が高温になっているので、給湯器が冷めてから行ってください。

水抜きの手順です。

1.リモコンの運転スイッチを切る(ただし電源プラグは抜かない)
2.ガス栓を閉める
3.給水元栓を閉める
4.給湯栓を全て開ける(シャワーや台所水栓を含む)
5.水抜き栓を開ける(給水・給湯の両方)

次に風呂側の水抜きを行います。必ず給湯器側の水抜きを終えてから行ってください。

1.浴槽水を完全に排水する
2.リモコンの運転スイッチを入れ、「おいだき」を押す(循環金具から水またはお湯が出てくることを確認する)これを2回繰り返す
3.排水確認後、運転スイッチを切る
4.給湯器の風呂往・戻水栓、ポンプ水抜き栓、風呂水抜き栓、中和器水抜きを開けて完全に排水する
5.電源プラグを抜く

※機種により水抜きの手順が異なる場合がありますので、必ず取扱説明書を確認して水抜きを行ってください。

3.配管周りにヒーターや断熱材(保温材)を設置する

給湯器の配管周りは外気温の影響を受けやすく特に凍結しやすい部分です。
そうした寒さに弱い部分を断熱材(保温材)などで保護することも、凍結防止になります。

凍結防止用の資材は、通販サイトやホームセンターなどで手に入れることができます。

4.凍結予防ヒーター・自動ポンプ運転を活用する

給湯器の多くは、凍結予防ヒーター(給湯器側)・自動ポンプ運転(風呂側)が凍結防止機能として備わっています。

いずれも外気温が下がることで自動的に作動しますが、以下2点をご確認下さい。
・電源プラグがコンセントにしっかりと差し込まれているか確認すること
・浴槽の残り湯を循環金具(追い焚き時お湯が出る部分)より5cm以上、上にある状態にしておくこと

※機種により機能や使用方法は異なりますので、ご使用の給湯器の取扱説明書をご確認下さい。

万一、給湯器が凍結してしまったときの対処法

しっかりと予防をしていても、気温によっては凍結してしまうことも考えられます。
万一給湯器が凍結してしまった場合、どのように対処すれば良いかをご紹介します。

自分でできる対処法

まずは給湯器の電源を切り外気温が上昇し、自然に凍結部分が溶けるのを待ちます。

給水栓から水が出るようになったら、漏水チェックをしてください。
もし水漏れがするようなら漏電を引き起こす危険性があるので、給水栓を閉じてすぐに修理業者を呼ぶことをお勧めします。

給湯器は電子機器なので、熱湯をかけるのは故障の恐れがあり、おすすめしません。

修理業者を呼ぶ

冬の寒い時期にお湯が使えないのはまさに緊急事態です。
給湯器が故障したと感じたら、すぐに修理業者に相談することをお勧めします。

給湯器について富士酸素工業に相談する

前へ

シニア世代にもおすすめ!安全機能付きのガスコンロとは?

次へ

ガスボンベ(カセットボンベ)を自分で廃棄する方法